蝶々といえば?

日本でも非常にメジャーな虫ですね。
蛾とよく引き合いに出されます。

実は蝶と蛾には明確な違いは無いそうで、
区別をしない国もあると言われています。

さて、今回は
蝶々の生態よりも、
蝶々の持つメッセージに
注目してみたいと思います。

蝶々は縁起がいい?

蝶々を見た時の意味

蝶々はとても縁起のいい虫とされています。
夢や旅先で蝶々を見た時は、
あなたに何かしらの幸運が訪れますよ〜。
と教えてくれているのかもしれませんし、
実際に幸運の前触れとも言われています。


スポンサーリンク





蝶々は神の使い?

蝶々は神の使いとも言われています。
また、この世とあの世を繋ぐ虫。
と言われていたり、
亡くなった人間の魂が蝶となって現れる。
とも言われています。

古来から日本人は
蝶々に神秘的な要素を見出していたのかも
しれません。

蝶々の幸運な
メッセージとは?

蝶々を見た時は幸運の兆しだと
言われていますが、
どのようにラッキー
なのでしょうか?

蝶に込められた『変容』の意味

実は蝶々には『変容』という意味が
込められていると言われています。

蝶々ほど
幼虫→サナギ→成虫

という変容がはっきりしている
虫も珍しいですよね。
もちろん蛾もそうですが、
変容する虫と聞いて真っ先に思い浮かべるのは
蝶々ではありませんか?

あなたのアイディアが
ついにサナギから羽ばたく時が
きたという意味かもしれませんし、

サナギという棺からの
復活と再生を意味しているのかもしれません。

もともと蝶々にポジティブな要素が
含まれるなら、
その変容には
『ポジティブな変容』
という意味が含まれると捉えても
良いのかもしれませんね。

蝶の字を分解して
見えて来るもの。

漢字には意味が込められていて、
むしろ字よりは記号に近いと
言われています。

漢字を見ればそのものの本質が見えてくる
というわけですね。

それでは『蝶』という字を分解してみましょう。

虫+世+木となります。

木とは日本においては
神様という意味になります。

ここから見えてくるものは

神様のメッセージを
この世に運ぶ
虫。

ということになるでしょうか。

漢字を見ても蝶々は
とても縁起がいいですね。

対する蛾は

虫+我と書きます。

蛾を見た時は
我が強くなってますよ。

というメッセージかもしれません。
逆に物凄く弱気になっている時に
もっと我を通すべきという
力強いメッセージかもしれません。

どちらにせよ
今の自分自身と照らし合わせれば
何か重要なヒントを
もたらしてくれるのかもしれませんね。