ゾウについて

スポンサーリンク




地上では
最もデカイ!
それがゾウさん。

地上最大の動物ゾウは
アフリカと東南アジア各地に生息しているのだとか。


スポンサーリンク




ゾウはメスが強い??

最年長のメスをリーダーとする
血縁の母系家族で群れを作り、
広い範囲を餌と水を求めて
移動しながら生活するといわれている。

ゾウの親離れ

オスは子供のうちは
群れにいるが
成長すると群れを離れ
単独で行動するといわれる。

代々受け継がれし、
ゾウの記憶力

ゾウは記憶力が良く、
雨の少ない乾季でも、
どこに行けば
食べ物や水があるかを記憶
しいるそうだ

そして、その記憶を
群れの代々のリーダーが
先代から受け継ぎ
伝えていくことで生き延びてきた
そうです。

ゾウの絆

家族の絆がとても強く、
群れのメンバー、
特に子供は群れ全員で守るそうだ。

移動中の防御

移動の時も幼い子供を
中心に、囲むようにして
守りながら移動するとされ、

ゾウの円陣

敵から襲われた時などは、
大人が子供を中心に
円陣を囲んで子供を
守りながら敵を撃退する
といわれている。
(ジャコウウシも円陣を組む。)

ゾウの子育て

子育てが未熟な若い母親は、
経験豊富な他の母親から
子育てのアドバイスを
もらうといわれている。


スポンサーリンク




人には聞こえぬゾウの声

ゾウは人間には聞こえない低周波音
会話をすると言われており、
これを利用して
数キロ先の仲間とも
連絡を取ることができるとされる。

また、足を通して
低周波を捕えられることが
確認
されているそうだ。

ゾウの足裏

ゾウの足の裏
非常に繊細な感覚器官になっていて、
そこからの刺激が耳まで伝達されます。

ゾウの食べモノ

草食で、草・葉・果実・枝や
幹などを食べ、
ミネラルを摂るために泥や岩塩などを食べることもあるのだとか。

消化率があまり良くないので、
ゾウの糞には未消化の草や
葉などがたくさん含まれています。

そのため、
このゾウの糞を餌にする
生き物もいるといわれている。

また繊維質の多い糞は
紙の原料にもなるくらいで、
実際に商品化もされているらしいです。


スポンサーリンク




ゾウは森の創造者

ゾウは一見すると木を倒したり、
低木を踏みつぶしたりと
環境を破壊しているように見える時があるそうだ。

だがそれは、
そうすることで新しい木が生えてきたり、
草の成長が促されたりして
生態系を健全な形に保つ役割をしているのだとか。

また、糞の中に含まれた植物の種が、
あちこちで発芽することで
(ゾウは移動距離が長いので、かなり離れた場所にも種を運ぶことができるとされる)
森を作ることに貢献しているのだとか。

ゾウさんは絶滅危惧種。

そんなゾウは最近、
象牙を目的にした密猟
数が激減し絶滅の危機に瀕しています。

象牙は印鑑や
工芸品の材料として
知られている。

ワシントン条約では
現在象牙の国際取引を
禁止していますが、
禁止前に取引された
象牙の国内取引は禁止されていないため、
その隙間をついての流通が
ゾウの密猟に拍車をかけているとされる。

このままでは、
後10年ほどでゾウは
絶滅すると言われており、
国際社会はその対策を急いでいますが、
なかなか身を結んでいないのが現状で、
生息地での保護活動も
盛んに行われていると
いわれている

愛情深く、
森や生態系の保全に
欠かせない存在であるゾウが、
この先も生きていけるかどうかは、
人間の行動にかかっているのかもしれない。


スポンサーリンク