小金井公園

小金井公園について
書いていきたいと思います。

正式名称は
東京都立小金井公園なんだそうです。

・とてもとても広い。
・花や木に溢れている。
・桜の名所

というのがポイントかと
思います。

小金井公園は
とてもとても広大な
公園

東京の西側にある
3つの市に
またがるほどの巨大な公園です。
なんと80haもあるそうなんですね。

数字を言われても
ピンとこないかもしれませんが、
実際に歩いてみると
とてもとてもとても広いです!

森の中を歩いているような
気持ちにもなれ、

整備されている公園でもあるので
とても心地良いです。

原っぱや遊具
のんびり自然に癒されて、
子供達も楽しめる公園

原っぱも沢山あり、
凧揚げをされている方も見かけます。

サッカーなどの球技や、
スケボーで遊べる場所、
ドッグランまであります。

また、大きな遊具や
ソリで滑れる丘、
子供達がトランポリンの
ように飛び跳ねて楽しめる
遊具もあるなど、
数々の魅力に溢れた公園です。

江戸建物園という施設があり、
こちらは有料なのですが、
江戸建物園以外は
無料というなんとも贅沢な公園なのです。

せっかく小金井公園を訪れたなら、
最低でも1時間くらいは
のびんりすごしてみるのが
オススメです。

スポンサーリンク




小金井公園の花々

小金井公園といえば、
綺麗な花々を沢山見ることの出来る公園です。
花を見て回るだけでも
癒されます。


花壇には花が溢れています。


ふとした場所に
可愛らしい花を発見出来ます。


とても綺麗なモクレンです。

公園を訪れた際には、
是非是非
小金井公園の
花達に癒されて
頂きたいと思います。

スポンサーリンク




小金井公園の桜

この小金井公園は
桜の名所でもあり、

公園内には1800本もの桜の木が
あるのだとか。

日本さくら名所100選なるものにも
選ばれているのだそうです。

実際に桜が本当に綺麗です。

なんと美しい。

力強い幹です。

奥に見えるのは
江戸建物園入り口。
綺麗に丸くカットされた木は
かなりの大きさです。

桜の幹や枝が黒いのは、
花びらを映えさせるため
なんでしょうか。

こんな芸術的な木を
眺めていられる贅沢な時間が
流れます。

小金井公園の桜と紫色の幻想的な景色

桜の木と根元に広がる
紫色のお花の
色合いが幻想的なスポットを
見つけたので何枚も
写真を撮ってしまいました。

本当に綺麗です。
花の妖精が飛んでいていても
不思議でないですね。

夕日との相性も抜群に綺麗です。

小金井公園の桜と蜂

桜の木に
蜂を発見しました。

こうやって
自然は営まれているのだと
思うと感慨深いです。

小金井公園の木々

小金井公園では
様々な木も見ることができます。
個人的には、
木を見ているだけでも
飽きません。

まるで目のような窪みのある木です。

ミツマタの木です。
低い木です。
枝が必ず三つに分かれるから
ミツマタと呼ばれたという説もあるそうです。

皮は紙の原料にもなるのだとか。
縁起の良い木とされていて、
幸草(さきくさ)という表現で
呼ばれたりするそうです。

なんと、万葉集にも
さきくさは出てくるのだとか。


不思議な広がり方で生えている木ですね。

広大な
小金井公園。
機会がありましたら、
花や木に癒されて
頂けたらなと思います。

スポンサーリンク